グ~たら主婦の人生つるつるいっぱい

海外レンタカーの旅が好きな30代主婦の旅行記☆GWに行ったアメリカ・グランドサークルの旅について現在書いています♪海外レンタカーの旅を啓蒙していこうか考え中。

【Day4】(5)ヒエログリフを眺めながらフランス革命の地を歩く。~コンコルド広場~

 

2016年9月15日(木)

 

シャンゼリゼ通りに行く前に、コンコルド駅で降りてみました。

 

f:id:yukimeg:20170213145357j:plain

その名の通り、コンコルド広場です。

 

f:id:yukimeg:20170213145516p:plain

 

青色の線がコンコルド広場です。

黒い矢印がシャンゼリゼ通りです。

コンコルド広場は、シャンゼリゼ通りとチュイルリー庭園の間に位置します。

 

 

コンコルド広場は、フランス革命でルイ世やマリー・アントワネットが処刑台にかけられた場所として有名です。

 

 

f:id:yukimeg:20170213145746j:plain

噴水の写真を撮っていたら、思わずいい感じで歩いている男性が写っていました。なんかモデル歩きだなぁ。

 

 

 

f:id:yukimeg:20170213145755j:plain

こんなとこにもチンクが(笑)

どこにでもいるんですが、かわいいので思わずパシャリ。

 

f:id:yukimeg:20170213150225j:plain

コンコルド広場からは凱旋門が見えます。

シャンゼリゼ通りの方ですね。

 

f:id:yukimeg:20170213150257j:plain

 パリなのに、ヒエログリフが書かれている塔があるのって、不思議ですよね。

これは「クレオパトラの針」と呼ばれているそうで、元々はエジプトのルクソール神殿の入り口に立っていたそう。

 

ウィペディアでは以下のように説明されていました。

パリのコンコルド広場にあるクレオパトラの針 (L'aiguille de Cléopâtre) はルクソールオベリスク英語版とも呼ばれる。広場の中央に立てられており、ラムセス2世の治世を褒め称えるヒエログリフが刻まれている。元々はルクソール神殿の入口に対で立っていた(残る1本はまだそのまま立っている)。1826年、エジプトとスーダンを統治していたムハンマド・アリーフランスに贈った。1833年ルイ=フィリップ1世の命でコンコルド広場の中央に立てられた。 

クレオパトラの針 - Wikipedia

 

 

この時代にこんな大きなものを運ぶ技術があったんですね。

 

 

 

ポチっと押してもらえると嬉しいです♪

いつもありがとうございます!


にほんブログ村