グ~たら主婦の人生つるつるいっぱい

海外レンタカーの旅が好きな30代主婦の旅行記☆GWに行ったアメリカ・グランドサークルの旅について現在書いています♪海外レンタカーの旅を啓蒙していこうか考え中。

【Day6】ローワー・アンテロープ・キャニオン(Lower Antelope Canyon)に行ってきました♪~チケット購入や急なハシゴなどツアーの留意点~

2017年5月6日(土)

 

ローワー・アンテロープ・キャニオン(Lower Antelope Canyon)に到着した記事の続きです。

 

【過去記事】

 

 

地図で見るとココになります。

 

アンテロープ・キャニオンは2つあります!

 

旅行会社が企画するグランド・サークルを巡るツアーでは、アンテロープ・キャニオンが含まれているものがありますが、ここで確認すべきことは、どのアンテロープ・キャニオンに行くのか、ということです。アンテロープ・キャニオン、実は2つあるのです。この2つは場所が違うので、レンタカーなどご自分で行く場合は必ずどちらに行くのか確認してくださいね!

 

 

●アッパー・アンテロープ・キャニオン(Upper Antelope Canyon)

 

ツアーで行くのはだいたいアッパー・アンテロープ・キャニオン(Upper Antelope Canyon)の方です。こちらは駐車場から少し遠いところにあるようでジープツアーになるようです。また、キャニオン内が平坦で広いようなので、歩きやすいようですから、小さなお子さんや年配の方はそちらの方がオススメかもしれません。ただこちらの方が人気のようなので、当日飛び込みというのは難しい可能性もあります。事前予約が必要かもしれません。

 

●ローワー・アンテロープ・キャニオン(Lower Antelope Canyon)

 

私たちが行ったのはこちらです。混雑しない方を単純に選んだというのが理由です。こちらは駐車場から近く、ジープに乗ることなく歩いてキャニオンにいけます。個人で歩けることはできませんので、こちらもツアーに参加する必要があります。とても狭く、急なハシゴを上り下りします。写真でご紹介しますのでご参考になさってください。5月の土曜日現地時間午後12時半頃に到着しましたが、予約なしで午後1時のツアーに4人とも参加できました。いくつかツアー会社があるのでHPから事前に予約ができます。三脚などを使ってしっかりと写真を撮りたい方向けのツアーもあります。そちらのツアーは光が降り注ぐ時間は人気なようで、その時間を狙いたい場合は予約をされた方がいいかもしれませんね。

 

 

f:id:yukimeg:20170613000012j:plain

では前回の到着したところからスタート!

 

 

f:id:yukimeg:20170613173817j:plain

続々と車が入っていきます。ここでは入場料を支払わず、チケット売り場で支払います。

 

 

f:id:yukimeg:20170613173923j:plain駐車場が見えます。

 

 

f:id:yukimeg:20170613173945j:plain

ここには2つツアー会社があるようです。私たちは事前に調べていたKen's Toursの方に行ってみることにしました。

 

 

f:id:yukimeg:20170613174029j:plain

看板が見えます。

 

 

f:id:yukimeg:20170613174102j:plain

ここです!

 

 

f:id:yukimeg:20170613174135j:plain

右奥にチケット売り場があります。真ん中から建物内に入ることができます。入って右側にお土産売り場があり、そこは確か撮影禁止でした。左側にはツアー参加者が待つ場所があります。そこの出口からツアーは出発になります。

 

 

 

 

f:id:yukimeg:20170613174215j:plain

チケット売り場。この日は風がかなり強く、砂埃が舞う中、チケット購入のために並んで待ちました。この写真は帰りに撮ったのでわりと穏やかでした。

 

 

f:id:yukimeg:20170613174234j:plain

チケットを4人分購入しました。チケット代と入場料含め、合計132ドルでした。(チケット代25ドル+入場料8ドル)×4人分です。入場料は現金支払いのみでした!現金支払いのみがあるとは思っていなかったので焦りました。ギリギリ持っていたのでなんとかなりましたが、かなり危なかった!

※始めに書いた説明を訂正しました。記憶違いでした!

 

あと、ここもナバホネーションになるので、アリゾナでありながらユタと同じタイムゾーンだと思っていたら、アリゾナと同じでした。他のお客さんもそう思っていたようで、そのつもりでネット予約されたら1時間遅く着いてしまったことになってしまわれたようです。その後どうされたのかは確認していませんが、ツアーに余裕はありそうだったのでそのまま参加されたのではないかな。時間、気をつけてくださいね!

 

想像するに、昔はそうだったけれども、スマホが普及してからスマホはナバホネーションの時間に対応していないために、アリゾナタイムゾーンに合わせるようになったのかなぁ、なんて思いましたが、あくまで推測なのでよくわかりません。とにかくこの周辺を旅行される時は、時間に気をつけてください!

 

 

f:id:yukimeg:20170613175534j:plain

外にはこんな休憩所があります。これも帰りに撮ったので座っている人がいますが、行きの時は風が強すぎてみなさん屋内に非難していました。

 

 

f:id:yukimeg:20170613175552j:plain

ココから見た外の様子。発電所が見えます。

 

 

f:id:yukimeg:20170613174325j:plain

建物内に入ってツアー出発を待ちます。ツアー出発時には、支払い時にもらった領収書を見せます。

 

 

f:id:yukimeg:20170613174435j:plain

アンテロープ・キャニオンの入り口までみんなで歩いて向かいます。

 

 

f:id:yukimeg:20170613174459j:plain

入り口が見えてきました。

 

 

f:id:yukimeg:20170613174522j:plain

降りていきます。

 

 

f:id:yukimeg:20170613174540j:plain

急なハシゴが見えます。

 

 

f:id:yukimeg:20170613174600j:plain

右はこんな景色。

 

 

f:id:yukimeg:20170613174632j:plain

どんどん降りていきます。ハシゴの上り下り中は危険なので写真撮影はしないように、とガイドの方が話されていました。そのぐらい急です。

 

 

f:id:yukimeg:20170613174702j:plain

下りるとアンテロープ・キャニオンの中です。

 

 

f:id:yukimeg:20170613174724j:plain

上を見上げれば、こんな天井がずっと続いています。アンテロープ・キャニオンが有名になったきっかけは、ここローワー・アンテロープ・キャニオンの写真が、雑誌「ナショナル・ジオグラフィー」の表紙を飾ったことにあるそうです。ガイドの方が説明してくださいました。そのポイントも教えてくれましたが、果たしてどの写真だったか、結局記憶にないという・・・笑

 

 

f:id:yukimeg:20170613174744j:plain

光が入ると綺麗。

 

 

f:id:yukimeg:20170613174805j:plain

とっても狭い場所もあります。足元を気をつけながら、でも写真も撮りながら、進みます。

 

 

f:id:yukimeg:20170613174835j:plain

上から砂が降ってきます。

 

 

f:id:yukimeg:20170613174904j:plain

何回かハシゴが現れます。

 

 

f:id:yukimeg:20170613175024j:plain

上を見ると青空。

 

 

f:id:yukimeg:20170613175049j:plain

サメのジョーズがいます。わかりますか??ツアーガイドの方が一つ一つ丁寧に説明してくれます。撮影ポイントも教えてくれたり、途中写真も撮ってくれます。

 

 

f:id:yukimeg:20170613175110j:plain

鳥の巣を発見!!夜はここアンテロープ・キャニオンには動物がたくさんやってくるそう。なので、スタッフがすべてのツアーが始まる前に何もいないか確認されるそうです。

 

 

f:id:yukimeg:20170613175129j:plain

ネイティブ・アメリカンの首長の顔、見えますか??

 

 

f:id:yukimeg:20170613175148j:plain

ハシゴを上ったり下りたり。

 

 

f:id:yukimeg:20170613175207j:plain

こんな感じのハシゴもあります。

 

 

f:id:yukimeg:20170613175317j:plain

何度上を見上げても飽きないほど美しい。

 

 

f:id:yukimeg:20170613175243j:plain

さて、そろそろ出ましょうか。

 

 

f:id:yukimeg:20170613175353j:plain

ここが出口。とっても狭いです!入り口とは別にあります。

 

 

 

f:id:yukimeg:20170613175436j:plain

ここでツアーは解散。なかなか楽しいツアーでした♪

 

ちなみにガイドの方にチップを払っていらっしゃる方はいませんでしたので、私たちもお渡ししていません。参考までに。

 

ガイドの方の話によると、春は風が非常に強く砂嵐のような状態になることが多いそうで、彼女は常時マスクをしていました。体中、砂だらけになります。目に砂が入るのでサングラスは必須です。

 

 

以上、ローワー・アンテロープ・キャニオンでした!

 

 

【過去記事】


 

 


 

 


 

 


 

 

ポチっと押してもらえると嬉しいです♪

いつもありがとうございます!


にほんブログ村