読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グ~たら主婦の人生つるつるいっぱい

海外レンタカーの旅が好きな30代主婦です。現在アメリカ・グランドサークルをレンタカーで巡る旅について書いています♪ちなみに「つるつるいっぱい」は福井弁です。

【Day10】(4)モスク併設のカフェで涼んでから、マリーナモールに向かう。~シェイク・ザイード・グランド・モスクのカフェ~

 

2016年9月21日(水)

 

シェイク・ザイード・グランド・モスク内の観光を終えた私は、フランスレンタカーの旅の疲れとアブダビの暑さで、ノックアウトされそうになっていました。

 

【過去記事】


 

f:id:yukimeg:20170328224750j:plain

でもモスクは美しい・・・

 

 

f:id:yukimeg:20170330145323p:plain

この暑さから少しでも逃れたいのと、何か冷たいものを飲んで元気を出そうと思い、併設されているThe Coffee Club というカフェに入りました。HPを見てみると"an Australian favourite"と書かれていました。

 

 

f:id:yukimeg:20170328224825j:plain

カフェのレジにはアブダビらしい黄金色のケーキが飾られていました。

 

 

f:id:yukimeg:20170328224840j:plain

冷たいカフェラテでしばし休憩。もうこの場を離れたくない(笑)

 

 

f:id:yukimeg:20170328224856j:plain

そんなことも言ってられないので、休憩をしたら次に向かって動きます。

 

 

とりあえず何か中東っぽいものを買って帰ろうと思っていたので、マリーナモールに向かうことにしました。タクシー乗り場がどこかにあるはず・・・そう思ってモスクの周りを歩いたのですが、冷房の部屋の心地よさに慣れてしまったうえに疲れが出てきて、少し歩いただけでかなりヘトヘト。外にいる警備のおじさんにタクシー乗り場はどこにあるか聞くと、「残念ながらこことは逆の場所だよ」と教えてくれました。それを聞いてがっかりしているのがわかったからか、「かなり疲れているように見えるけれど大丈夫?」とおじさんは声を掛けてくれました。そして、ミネラルウォーターの未開封のボトルを差し出してくれ、警備用のイスに座って休憩していきなさいと勧めてくれました。気持ちは嬉しいのだけれども、この炎天下の中ここで休憩をしていたらもっと疲れが増しそうだったので、大丈夫ですとお断りすると、「せめてこの水を持っていきなさい」とくれました。ありがとう!!

 

 

その後、おじさんが言う通りに進んでいくと、警備員のお兄さんが見えたので念のためこっちの方向で合っているかと聞くと、タクシーでどこに行きたいかを聞かれました。タクシーでマリーナモールまで行くのは高いから、モスク近くのバス停までタクシーで連れて行ってもらって、そこからバスで行くのが一番いいと教えてくれました。またしてもありがとう!!

 

タクシー乗り場に着き、タクシーの運転手にモスクに一番近いバス停まで連れていってほしいと言ったら、「バスでドバイに行くのか?バスターミナルに行きたいのか?」と聞かれ、さっきお兄さんから聞いたことを伝えると、「この近くにバス停はあるからそこまで歩いていけ」とそっけなく言われ、ドアを閉められました。。。

 

困った・・・

 

お兄さんの親切通りにしようとしたら余計に事態はこじれてしまった・・・

 

途方にくれていると、タクシー乗り場に立っている警備員の男性が心配して声を掛けてくれました。別の男性から教えてもらったことを伝え、その通りにしようと運転手に話をしたら断わられたと話すと、まず一番近くのバス停まで歩くとかなりの距離があるということと、ターミナルや空港などでしかバスに乗るのに必要なメトロカードは購入できないと教えてくれました。バス停で現金支払いで乗れるものではないようです。そのままタクシーでマリーナモールに行った方がいいと言われ、代わりに運転手に話をしに行ってくれました。何やら少し言い合いになっていて、別の運転手に話をしに行き、そちらの方に乗るように手招きをしてくれました。なんか色々すみません・・・

 

それにしても対応してくださったのはアブダビというか中東の方々だと思うのですが、どの男性もとても優しく丁寧に対応してくださいました。お世話になりました。

 

 

ということで無事タクシーに乗りました。アブダビは空港のこと以外、あまり調べていかなかったので、もう少し調べておくべきでした。

 

f:id:yukimeg:20170328224918j:plain

タクシーからの景色。

 

 

f:id:yukimeg:20170328224930j:plain

スタジアムか何かでしょうか。

 

 

f:id:yukimeg:20170328224945j:plain

豪邸が見えます。

 

 

f:id:yukimeg:20170328224956j:plain

幼稚園か何かでしょうか。

 

 

f:id:yukimeg:20170328225009j:plain

 

 

f:id:yukimeg:20170328225021j:plain

学校のようです。

 

 

f:id:yukimeg:20170328225035j:plain

 

f:id:yukimeg:20170328225057j:plain

 

f:id:yukimeg:20170328225117j:plain

 

f:id:yukimeg:20170328225134j:plain

国王の壁画ですかね。

 

 

f:id:yukimeg:20170328225145j:plain

 

f:id:yukimeg:20170328225157j:plain

マリーナモールにやってきました!

ここまでのタクシー代は37.25ディルハムでした。

 

インド人の運転手はずっと携帯電話のハンズフリーで恋人か誰かと話していました。言葉がさっぱりわからなかったので、どうせ何か言ってるかわからないだろうという感じだったのでしょうね。どんな会話か聞きたかったなぁ(笑)

 

 

次の記事ではマリーナモールについて書いていきます。

 

 

 

ポチっと押してもらえると嬉しいです♪

いつもありがとうございます!


にほんブログ村